ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

新鮮なウニやアワビなどを使った汁物。青森県、八戸地方に伝わる漁師料理。
「いちご」とは果物のイチゴではなく、汁の中に浮いているオレンジ色のウニを木いちごに見立てたことからつけられた名。
この地方では親潮の影響で発生する海からの冷たい風(やませ)が霧となって周囲の山々に流れ込み、赤く熟した木いちごを包み込む。その様子と重ね合わせた。
八戸市、市田の旅館の主で詩人でもあった石田多吉氏の命名で、漁師が漁れたてのアワビとウニを貝殻に詰めて、焚き火で焼いて食べたのがはじまり、という。
明治、大正に入ってからハレの日の定番の食べ物となり、今では缶詰としての市販品もある。また、「いちご煮を食べるツアー」と旅行会社の企画にものぼるほどの人気で、椀の中の豪華キャストには心ときめく人も多いのでは。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。