ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

皮つきの里芋(子いも)を蒸したもの。
胴回り三分の一ぐらいのところに包丁目を入れて皮をむき、押し出すようにして食べる。

平安時代に身分のある女性が外出時に顔を隠すために頭からかぶった衣(ひとえの小袖など)を衣被(キヌカズキ)といい、里芋の皮を残した部分を衣に見立てたことから
命名。
本来はカズキが正しいが、カツギと混同されることが多く、この料理も「衣かつぎ」と呼ばれている。

◆旧暦の8月15日の月は芋名月と呼ばれ、その年に採れた里芋をお供えする。
小芋がたくさんつく里芋は豊穣や多産を象徴している縁起物で、江戸時代には麻布六本木、芋洗坂で十五夜の前の晩から芋市がたって賑わったという。

(参考図書:同朋社『日本料理由来事典』西谷裕子著『身近なことばの語源辞典』ほか)
.
<名月も眺めよう・・・>

月見の行事は古くからあり、宮中に仕える女官は萩の枝で作った箸で里芋に穴をあけ、その穴から月を観て「月づきに月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」と口ずさんだという。

芋の穴を通して眺めた月は、一体どんな風に見えたのだろうか。
一点の鮮明な月だけを写しだしたのだろうか。

一度は試してみたいと思いつつ、この時期にちょうど花を咲かせている枝を折るのは忍びないし、騒がしい暮らしの中でそんな風流なことはどこへやら・・・。

*** 名月や 萩はどこやと芋パクリ ***

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。